Service 疾患啓発サイト制作・運用

What service

価値のあるWebサイトへ

UXを考慮した情報設計と戦略立案から運用・効果検証までをご支援いたします。

現代の治療は、患者さんが自らインターネット上の情報を取りに行く時代になっており、情報の正確性がとても重要になってきています。またその中でも、オウンドメディアの情報は特に信頼されており、リアルでの売り上げに貢献したというデータもあります。 しかし運用側の知識不足や時間不足、人員不足により、満足のいく運用ができていないサイトも多いのではないでしょうか?当社は、戦略立案から運用、効果検証まで一貫してご支援し、患者さんにとってわかりやすくよりどころとなるようなサイトを制作・運用いたします。

患者さまが自ら治療法を選び、情報を得られる時代
患者さんが自ら治療法を選び、情報を得られる時代
自分はその治療を受けるべきなのか?」「ほかにどんな治療の選択肢があるのか?」など、患者さんが自ら治療法を選び、情報を得られる時代になっています。また、企業のWebサイトは情報源としてとても信頼されているというデータもあり、患者さんのよりどころとなるサイトを制作することが必要不可欠になっています。
活用しきれていない疾患啓発サイトの現状
活用しきれていない 疾患啓発サイトの現状
患者さんがよりどころとなるサイトを必要としている一方、現状として「検索しても上位に表示されない」「サイトをつくってみたものの更新していない」「患者さん目線のサイトになっていない」などの課題を抱えている企業さまも少なくないように思います。このような課題に対して当社がご支援いたします。
DTCの価値を正しく認識し、結果的に処方増につなげる
DTCの価値を正しく認識し、結果的に処方増につなげる
受診前の患者さんに疾患啓発サイトにアクセスしてもらうことで、早期発見・早期治療を促します。また処方後の患者さんには、「患者向け製品情報サイト」を設けて見てもらうことで、服用からの離脱を防ぎます。さらに、専門ではない医師などに対して、最新情報で啓蒙することで、マーケットの拡大を目指していきます。

Service Value提供価値

強みの発揮

課題解決を確実にするためにできること。

  • プロジェクト進行

    プロジェクト進行
    公開までに必要なやり取りや合意形成の手順を踏まえて、必要な段取り・ファシリテーションをし、強くドライブをかけて進めていきます。
  • コンテンツ制作

    コンテンツ制作
    エビデンスを踏まえた正確さや、違和感なく自然に受け止められる表現(言い回しやイラストなど)が必要であることを理解しています。
  • ユーザビリティ

    ユーザビリティ
    適切なサイト構造・骨格・ビジュアルデザインを設計・制作して、ユーザーを迷わせず、容易に目的が達成できるサイトを構築することができます。

PAGETOP