「テレワークって、実際どう?」テレワーク中の本音を社員全員にアンケート調査!

働き方

2020.04.27

みなさん、こんにちは。広報担当です。

2月よりメンバーズメディカルマーケティングカンパニーでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として社員全員がテレワークを継続していることをご紹介させていただいていました。

今回は、テレワークの取り組みが長くなる中、社員一人ひとりが感じていることや工夫していることをアンケート調査しました。テレワークを導入しようとしている方や実施中の方もぜひ、参考にしてみてください。

新型コロナウイルスの影響で、テレワークが長期化!

直近のブログでも何度かお伝えしているように、メンバーズメディカルマーケティングカンパニーでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、4月になった現在もテレワークを継続しています。

社員全員がパソコンのモニター越しでしか顔を合わせていないという日々が続いていますが、“今だからこそ工夫していること・感じていること”をヒアリングしておくことで今後のテレワークのやり方にも役立てられることがあるかと思い、テレワーク中のメンバー全員にアンケート調査をしてみました。

私たちの中には、テレワークをすでに経験している社員もいますが、今回が初めてという社員もいます。実施したアンケートの回答には色々な声が集まりましたので、社員それぞれの意見や過ごし方をご紹介していきます。

メリットはプライベートな時間が増えること。デメリットはオンオフの切り替えにくさや運動不足

――1カ月以上テレワークが続いていますが、1番の変化は何ですか?

・家族と過ごせる時間が増えた。
・今まで以上に「オン/オフ」のメリハリを意識するようになった。
・平日でも時間に余裕があるので、きちんと家事ができたり趣味に時間を使えたり、有意義な日々を過ごせている。

――テレワークのメリット・デメリットをそれぞれ教えてください。

<メリット>

  • ・家にいる分、なるべく定時で仕事が終われるように集中できている。
  • ・移動に掛かっていた時間が有意義に使える。
  • ・通勤ストレスがなくなった。
  • ・外食が少なくなったのでエンゲル係数が下がった。

<デメリット>

  • ・仕事とプライベートの境界線が曖昧になってしまう。
  • ・しっかりとした仕事スペースがないと、かえって効率が悪い。
  • ・運動不足になっている感じがする。(複数回答あり)

――周囲の方もテレワークを実施していますか?

  • ・緊急事態宣言の後から実施し始めた。
  • ・テレワークの人も多いが、できない業種の人は休業になったり、シフト制で出勤日数が減ったりしている。
  • ・半々ぐらい。オフィスワークの人でも、会社の雰囲気的に推進されないという声も聞いた。

【まとめ】
テレワークでプライベートな時間が増えたと感じている反面、自宅作業であるがゆえに意識的に仕事とプライベートを分けないと、かえって効率が悪いこともあるようです。通勤時間が無くなった分、運動不足を感じているという声も複数上がりました。

また、他社にもテレワークが広まりつつある中、緊急事態宣言が発令されても普及率100%にはできない難しさも感じました。

定着しつつあるテレワーク。個々に集中できる環境を整えています

――ご自宅のどの場所がワークスペースですか?

  • ・自室(複数回答あり)
  • ・ダイニング
  • ・ダイニングでやっていたが、今は子供部屋を借りている。

――業務時間中に疲れたときは、どんな風に休憩していますか?

  • ・ストレッチや玄関先で日光を浴びる。
  • ・定期的に席を立ち上がって歩く。コーヒーなどの飲み物を入れにいく。
  • ・キッチンに行ってコーヒーを淹れる。子どもと話す。

――体(目や腰、首)に負担を掛けないように工夫していますか?

  • ・姿勢改善のためにPCスタンドとキーボードを購入。たまにマッサージクッションを腰に当てながら作業。
  • ・たまにマッサージ器具を使用している。
  • ・特に工夫はしていないが、一区切りついたら体を動かす。

――お昼ご飯はどうしていますか?または、昼休憩での息抜きは何をしていますか?

  • ・妻もしくは子供が作ってくれるものを食べることが多い。疲れていたら仮眠をとる。
  • ・簡単に作って家族と食べる。食べ終わったらベッドでごろごろする。
  • ・昼の時間に少し外に出て気分転換。
  • ・仮眠をとったり、子供と過ごす。
  • ・自宅でご飯を食べて、後片付けをすると休憩時間が終わっているので、オフィス勤務時より時間がない感じがする。

【まとめ】
作業場所はダイニング派もいますが、やはり個室に近い場所の方が集中できるのか、ほとんどが自室やそれに近い環境を選んでいました。疲れた時にはストレッチをしたり、作業しやすいようにPC周りの機材を揃えたりと、テレワークを快適に過ごす方法をそれぞれが考えている様子が伝わります。

また、昼の過ごし方にも社員一人ひとりの個性が出ていました。お子さんや夫婦と一緒に時間を過ごしたり、仮眠や散歩など、自宅だからこそできることを楽しんでいるようです。

離れているからこそ、コミュニケーションは積極的に!

――他の社員が隣にいない状況ですが、不安に感じることはありませんか?

  • ・不安を感じるケースもある。
  • ・不安はない。むしろテレワークのほうがオフィスにいる時と比べ「今忙しそうだな」と声をかけるのを遠慮するということがないので、積極的にコミュニケーションできる。
  • ・不安は感じないが、意識的にコミュニケーションを取っていかないと、煮詰まってくる感じがする。

――コミュニケーションツールは何を使いますか?

  • ・チャットや電話をする。
  • ・短い時間でもビデオ会議を使っている。
  • ・チャット>ビデオ会議>電話の順で使用。メールは社内コミュニケーションでほとんど使っていない。

――チームの一体感を保つ為に、どんなことに気を使っていますか?

  • ・WEBランチ
  • ・リフレッシュタイムを設けて雑談時間を確保。
  • ・チャットなど、文字だと誤解が生まれる可能性があるので、大切なことはテレビ会議や電話で伝える。
  • ・積極的に発言する。リアクションをわかりやすくする。考えを表明する。

――これまでにPCなど、機材の故障やトラブルは発生しましたか?

  • ・特になし(複数回答)
  • ・なし。強いて言うなら、会社携帯の充電器を忘れてしまったこと。

【まとめ】
物理的に会えない分、コミュニケーションは互いに積極的に取るようにしているようです。一見雑談のようですが、WEBランチのような時間を入れ、仕事以外でのコミュニケーションを発生させることも大切です。このような時間がチームの絆を強め、後々の仕事を上手く回してくれる潤滑油になるのかもしれません。

また、機器のトラブルなども心配事の一つですが、テレワークを経験したこともあるせいか、私たちの中ではこれまでに大きなトラブルは発生していませんでした。

好感触が多数!テレワークで家族円満!

――ご家族の反応はいかがでしょう?

  • ・移動時間もなく、すぐに家事ができるので高評価。
  • ・新型コロナウイルスの感染防止になり好感触。
  • ・自由な時間もでき、睡眠時間も増えたことから私がイライラする頻度がかなり減り、家族はテレワーク最高と言っている。
  • ・家事をやる時間が増えたのと、家族の送迎ができるようになったので喜んでいると思う。
  • ・うっとおしいと思われている面と、良い面と両方あると思います。良いことだけではないと思いますね。

【まとめ】
ほぼ全員が高評価という結果になりました。家にいる時間が多くなると、男女問わず家事に協力でき、ご家族にも喜ばれているようです。

また、お子さんが小さい社員にとっては、新型コロナウイルスの感染を予防しつつ、仕事も育児もできる環境になるので一石二鳥なのかもしれません。

とは言え、『良いことだけではない…』という意見もあるので、適度に一人になる時間も取りつつ過ごすというバランスも大切のようです。

オフィスワーク、テレワーク、それぞれの良さを感じる日々

――オフィス勤務とテレワークを比較して、不都合を感じている点はありますか?

  • ・オフィスにあったモニターが今ないので、資料作成では若干効率が下がっている。
  • ・紙に出力して確認することができないのがつらい。
  • ・通勤がなくなったことによる運動不足や、椅子がないため筋肉的な疲労度が増した。
  • ・テレビ会議中に誰か(自分含め)のネットが遅いとコミュニケーションがスムーズに行えないことがある。
  • ・それほど不都合はないが、自宅の机が若干低いので、肩こりが出てるような気がする。

――テレワーク期間終了後、このままテレワークを続けたいですか? 続けたい方も、続けたくない方も、理由をそれぞれ教えてください。

  • ・続けたいが、たまに出社したい。
  • ・常時テレワークは続けたいと思わないが、たまのテレワークは家族への反応含めて行いたい。
  • ・続けることはやぶさかではないが、家人に与える影響が大きいとも感じるので、たまにであればよい。
  • ・続けたい。どこでもドアがあるなら出社でも全く構わないが、やはり通勤と身支度にかかる3時間は大きい。無くせるなら無くしたい。
  • ・週に1回は出勤するなど、常時テレワークはしたくない。

【まとめ】
テレワーク開始からある程度の時間が経ちましたので、一人ひとりがテレワークの良さ、オフィスワークの良さ、それぞれに気付き始めていました。

オフィスにはOA機器や椅子、机などの事務機器も含め、仕事ができる環境が整っているため、仕事のしやすさを思い出すメンバーが多いようです。

しかし、テレワークを全く無くしたいわけではなく、テレワークもいいけれど、その中でもたまに出社する日があってもいい…というスタンスの社員が多数でした。

みなさんは、現在の働き方についてどのように感じているでしょうか。

今後のライフステージの中で、家族との時間を優先したい時期もあるかもしれませんし、今のように在宅しながらの勤務が必要になることもあるかもしれません。もちろん、すべての業種というのは難しいですが、多くの企業にテレワークが取り入れられ、オフィスでも自宅でも、個人個人の意思で勤務場所を選択することができるようになることを願っています。

PAGETOP