【勉強会】薬剤採用へ向けた製薬会社のマーケティング・営業活動

会社

2019.09.17

こんにちは、メンバーズメディカルマーケティングの長野です。

メンバーズメディカルマーケティングは、4/1よりメンバーズ初の専門業界特化型の子会社として、医療業界専門のデジタルマーケティング支援会社としてスタートしました。

先日、弊社顧問である株式会社メディカル・インサイト代表取締役の鈴木英介さんを講師に迎え、「薬剤採用へ向けた製薬会社のマーケティング・営業活動」についての勉強会を開催しましたので、その様子を簡単にご紹介します。

講師紹介

鈴木英介氏
株式会社メディカル・インサイト代表
ヤンセンファーマで主力製品である爪水虫薬やがん性疼痛治療薬のマーケティングを率いる”プロマネ”として活躍。2009年株式会社メディカル・インサイトを創業。「納得の医療」の実現に向けて、患者のニーズ調査や経営コンサルティングなどを事業展開している。

勉強会の内容について
今回の勉強会では、以下の項目についてご説明いただだきました。

・薬剤が病院に採用されるまでに流れ
・薬事審議会とは
・「1増1減」とは?
・薬剤の臨時採用について
・製薬会社が薬剤を採用してもらうために用意する資料

病院での新規薬剤の採用には複数のパターンがあるそうですが、一例を教えてもらいました。

参考:福井大学医学部附属病院薬剤部「製薬会社の方へ 医薬品採用の流れについて」
https://ufh-pharmacy.com/maker/medicine/

私達が病院でもらっているお薬は、複数の段階を経て病院で採用され、処方されているのです。薬剤審査中でも例外はあり、急遽必要な場合には臨時採用もあるとのことでした。

その他には、業界特有の言葉の意味や、製薬会社が用意する資料について教えていただきました。

製薬会社が病院に提供する資料には、薬剤の情報だけではなく疾患啓発を促す冊子などもあるそうです。疾患啓発を促す冊子については、皆さんも使用する機会があるかもしれませんね。

ちなみに弊社では、製薬会社が提供する疾患啓発のサイト制作・運用を支援しています。

最後に
今回の勉強会を通じて、製薬会社が病院に対して行っているマーケティング活動の一部を知ることができました。

身近だけど、一般的に知られていないことが多くあるのが、医療業界の特徴の1つです。
メンバーズメディカルマーケティングでは、製薬会社のビジネスパートナーとして成果を出すためにも、知識、ナレッジを身につける勉強会などを開催しています。

ご興味ある方は下記よりお問い合わせください。
https://www.members-medical.co.jp/recruit/

以上、勉強会のご報告でした。

============================

メンバーズメディカルマーケティングについて
https://www.members-medical.co.jp/

 2019年4月1日に、医療業界特化型デジタルマーケティング会社としてスタート。「医療業界のマーケティングのあり方を変える!」をミッションに、デジタルマーケティングコンサル、医療従事者向けサイト制作・運用、疾患啓発サイト制作・運用のサービスをご提供しています。

PAGETOP