【社員インタビュー】医療業界「未経験」社員2名が語る、入社後の環境や次なる目標とは?

インタビュー

2020.10.16

みなさん、こんにちは。広報担当です。 今回は、医療業界のお仕事が未経験で入社した佐塚さん、諸岡さんにインタビューをしました。入社すぐの時 にインタビューをしたお2人は、ほぼ同期。前回のインタビューから少し時間が経過し、入社後の日々をお互い どのように送っているかを聞いてみました。

メンバーズメディカルマーケティングカンパニーに新しい風を吹かせてくれている新人二名の活躍ぶりをご覧く ださい。 

社内の雰囲気は現在もアップデート中! 

―― 入社から半年ほど経過しましたが、メンバーズメディカルマーケティングカンパニー(以下MM)には慣れたでしょうか?

佐塚さん
「かなり慣れたかなぁと。それに最近は雰囲気も変わってきたかなと感じます」

―― 変わってきたというのは?

佐塚さん
「これまでの会社内の雰囲気をみんなで変えていこうという流れがMM内にあって。なので、慣れた…というよりは、全員で業務スタイルや雰囲気を良い意味で変えている最中という感じでしょうか」

諸岡さん
「もともと3人だったところに合わせていくというよりは、そこに私たち2人が入って変わって行ったというか」

佐塚さん
「そうだね。入社のタイミングにしても、色々と慣れていきやすいタイミングだったと思いますね」

諸岡さん
「慣れていないことといえば、社内のワークフロー的な部分ではまだありますね」

佐塚さん
「自分もその辺は少しずつ…でしょうか。慣れたとは言えないかな(笑)」

―― 現在携わっているお仕事の内容を教えてください。

諸岡さん
「実は2人とも、ほぼ一緒の業務に携わっています。最近ですと、医療従事者向けサイトの分析業務がスタートしました」

佐塚さん
「デジタル施策の提案の中に分析があったんですが、その分析についての要件定義は、初めてゼロからやった仕事です。ちなみに、自分たちも営業や提案、問い合わせ対応までやっています」

―― …ということは、お2人は既にほぼ全部の役割をしているということでしょうか?

佐塚さん
「そうですね」

諸岡さん
「任される領域が広いというのは大変なことでもありますが、その反面、チャレンジもできるので嬉しいです」

「医療」、「WEB」、知らない世界だからこそ感じる高揚感!

―― 医療業界は未経験の入社ということでしたが、実際に働いてみた感じはいかがでしょう?

佐塚さん
「医療業界の難しさ、怖さ…そういうことに対して、知らないことはまだ多くて。ようやく医療業界の入り口に立った位の感じだと思っています」

諸岡さん
「私は、医療業界、WEBディレクター、どちらも未経験なんですけど、どちらかといえばWEB関連のところで悩んでしまうことが多いかな…。医療のことは現実のこととして理解できるんですが、システマチックなところはちょっとイメージしにくかったりして」

―― 確かにそういうところもありますね。また、業務とは別にWEBや医療の知識も必要な場面が多いと思いますが、勉強はどんな風にしていますか?

諸岡さん
「最近、2人で同じWEB関係の研修を受けているんです。講座を3回受けて、その後に課題があって。『こういう案件があった時に必要なタスクを洗い出してください』みたいな内容で、実践的な勉強になっています」

佐塚さん
「実業務に連動しているよね。インプットしたものがアウトプットに繋がるところがあるのはやりがいにも繋がります」

諸岡さん
「そういえば、Google Analyticsの資格も取ったんですけど、業務でも使うものなので、日々の業務と勉強が近いところにあるのは良いですね」

―― 医療業界ならではの面白さ、大変さはどんな時に感じますか?

佐塚さん
「以前、自分が営業をしていた企業に比べると、遥かに大きな企業相手の仕事になるので、そこはチャレンジのしがいがあって楽しいですね。高揚感もあるというか(笑)。その分、プロフェッショナルとしての知識を身につけなくてはいけない。そこが大変ですね」

諸岡さん
「正確さを求められる大変さはありますね。前職はクラフトビールの製造をやっていたので、美味しければ良い!みたいなところもありましたが、今はそうではないので。面白さは、佐塚さんと同じかな。それに、医療業界のデジタルはまだまだ成長の余地が残されているので、私たちの手で変えたいという気持ちが湧いてきます」

出張や直接訪問がしたい!テレワーク中心の毎日

―― テレワーク中心から今は少しずつ出社されることも増えてきていますが、今のワークスタイルに対してはどう感じていますか?

諸岡さん
「3月入社で、その直後にテレワークが始まったので、クライアントに直接訪問をしたことがないんです」

佐塚さん
「そっか。そういうタイミングだよね」

諸岡さん
「クライアントとのやり取りはWEB会議にしか参加したことがなくて。出張、めっちゃ行ってみたいです(笑)」

佐塚さん
「自分は、テレワークも良いけど、営業は基本フェイス・トゥ・フェイスでやり取りしたいです」

―― テレワーク派、出社派、どちらかと言われたら?

諸岡さん
「テレワーク派です!」

佐塚さん
「以前は毎日出社でも良かったんですけど、子どもが小さいので家庭的にテレワークは助かっています」

―― テレワークでも作業効率は落ちない、みんな優秀だと長野さん(カンパニー社長)も言っていますね。

佐塚さん
「出社していても、いなくても、みなさん業務は同じようにやっていると思います」

先輩メンバーは、みんな違ってみんな良い?!

―― 先輩メンバーのスキルで憧れているところを教えてください。

諸岡さん
「種村さんの、目標に対して妥協がないところですね。責任感も強いし。何が何でも達成させようとする、達成志向っていうか」

佐塚さん
「自分もそう感じます。でも、全体的にMMのみなさんはそういう感じですよね。あとは諸岡さんもそうだけれど、ロジカルシンキングができるところかな。ものごとを構造化して、ブレイクダウンして考えていく。そういうところを真似したいかな」

諸岡さん
「そうやって考えないと、話す相手が『…それで?』っていう感じになっちゃうから(笑)、意識して考えるようにしながら話しています」

佐塚さん
「あとは、細川さんの、プロデューサーでありながらもディレクターとして実務もこなせる能力。あのスキルはやっぱりすごいなって思いますね。自分も最終的にはそこを目指したいなっていう」

諸岡さん
「私がいま最も欲しいと思っている能力は、長野さんのプレゼン時のトークスキルですね。同じことを言っても、当然ながらクライアントの反応は違っていて。適度にクライアントを盛り上げながら話せる能力とか、信頼感とか…そういう風に話せたらなって」

佐塚さん
「あと、Mさん、Iさん、この2人のタイプは全然違うけど、良いトコ取りしたいなぁ(笑)」

諸岡さん
「うん。確かに違う」

佐塚さん
「Iさんは分析力がすごい。経験から来るものだとは思いますが、ロジカルにクライアントに説明するところとか。Mさんは、クライアントとの折衝力ですね」

―― Mさんは、プロジェクトマネージャーや企業の役員の経験もあるそうですから、他の人にない交渉力やコミュニケーションスキルがあるのではないかと思います。

佐塚さん
「自分もそういうスキルが欲しいですね」

―― 個々のベースの能力の高さもあるかもしれないですが、長所を伸ばすというのがMMの行動指針にありますよね。

諸岡さん
「長所っていうところを考えてみても、とにかく全員、タイプが違いますね」

佐塚さん
「そうそう。みんな違うね」

成長真っただ中の2人が、入社1年後の自分を予測!

―― 佐塚さん、諸岡さん、お互いの入社時と今で比べた場合、どこが変わりましたか?

諸岡さん
「そんなに変わらない…かな?」

佐塚さん
「そこは変わったと言ってほしい(笑)。自分は、諸岡さんはすごくチームに馴染んだなぁって思う」

諸岡さん
「変わったというより、前職の影響だと思いますが。佐塚さんは営業している時がやっぱり楽しそうだなって思います」

佐塚さん
「僕たち、タイプが全然違っていて。得意なこととかもそうだから、仕事でも諸岡さんが察して、自分が苦手なことをやってくれたり(笑)」

―― 諸岡さんは営業の経験は初めてだそうですが、佐塚さんから見ると諸岡さんの成長はどんな風に感じますか?

佐塚さん
「話し方も全然変わったよね。電話なんか、機械の録音みたいだったけど(笑)。抑揚もついたし、AIみたいな話し方から人間の話し方になったなって。スミマセン、上から偉そうに(笑)」

諸岡さん
「いえいえ。ありがとうございます(笑)」

佐塚さん
「積極性もお互いに上がったよね」

諸岡さん
「入ったばかりの頃は、どう動いて良いかわからなかったから。今は、『ココは手を出しても大丈夫だろう』みたいなのも分かるようになってきたし」

―― そういえば、お2人は結構、楽観的だとか…。

佐塚さん
「そこは一緒だね(笑)」

諸岡さん
「だから、レポートの示唆書きとかは気を付けないといけなくて(笑)。種村さんとかに聞くようにしていますね」

―― お2人がMMに入って良かった!と感じるのはどんな時でしょう。

諸岡さん
「前職がクラフトビールの企業で製造をやっていたので、今は初めてのデスクワークの新鮮さを感じています。また、冒頭でも話したように、全員が営業から提案・構築・運用、網羅的に学べるのはMMだからこそで、大変だけれど良かったです」

佐塚さん
「自分は、クライアントに提供できる規模が広がったことですね。クライアントが求めていることに対して応えられる体力があるっていうことでしょうか」

―― 入社1年後にはどんな自分になっていたいですか?社内での役割や資格取得など、ご自分の目標を教えてください。

佐塚さん
「自分は、あと3か月で入社1年ですが、アシスタントディレクターじゃなくて、メインディレクターとしてのポジションに就いていたいですね。プロデューサーはその次に目指します」

諸岡さん
「仕事の手順であったり、業務の基本をきちんと理解したいです。一人でも仕事を進めていけるようになって『これはやったことがない』というのを無くしたいですね」

―― ありがとうございました!

MMでは未経験入社の社員もこのように活躍しています。2人の成長もまた随時ブログから報告していく予定です。ブログの読者の方の中には、未経験でも医療業界に携わってみたいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方も今後のブログでご紹介するMMの業務内容やメンバーの活躍に、ぜひご注目ください。

PAGETOP