【サービス紹介】GA4導入で成果を上げる! 製薬企業向けGA4導入・活用支援

サービス

公開日:2022.10.19
更新日:2022.10.18

みなさん、こんにちは。広報担当です。
今回は、Google Analytics4(GA4)の導入サービスのご紹介です。2023年7月1日に完全に従来のGA(ユニバーサルアナリティクス)から切り替えられ、新たなサービスがスタートするGA4。移行・導入のサポートが必要な製薬企業のデジタル担当者さまは、私たちの導入支援を利用してみてはいかがでしょう。その他、GA4活用レクチャーや成果改善運用のご支援なども実施していますので、ぜひご検討ください。

GA4移⾏でお困りの製薬会社に向けた導⼊⽀援がスタート!

製薬会社のデジタルマーケティング担当者のみなさまは、Google Analytics4(GA4)の導入は済んでいますか。従来のGA(ユニバーサルアナリティクス)は、2023年7月1日でサポートが終了し、現在GAをお使いの担当者さまは、GA4の仕様の調査や移行作業に取り組み始めていると思われますが、まだ手付かずの方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、そんな方のための『製薬企業向けのGA4導入・活用支援サービス』のご紹介と共に、GA4で何が出来るようになるのか、新たな機能についても簡単に説明していきます。

GA4の移行について、現段階では以下のような状況のデジタル担当者さまも多いのではないでしょうか。
例えば…
「移行作業にリソースが足りないのでサポートが欲しい」
「移行が必要なのは分かっているが、実はまだ手付かずのまま…」
「移行をきっかけに、改めてGA4を活用した運用をしていきたい」

状況に合わせたご支援が可能ですので、GA4関連でお悩みの方は今回の内容をチェックしてみてください。

新たな計測⽅式のGA4! 「⾏動主体」の計測が始まる

また、GA4の変更点について気になっている方も多いのではないでしょうか。
まず、従来のGAからの大きな変更ポイントは、“ページ”や“クリック”単位での計測ではなくなるという点です。
分析の観点が実績値からユーザー行動軸に変わり、指標などにも変更点があるため、レポート作成時には工夫が必要になります。新たなレポーティングに備え、準備は早めに行った方がベターといえます。
そして、GA4で「実績値を確認する」考え方から、「顧客のサイト上の行動を確認する」という考え方に変わることによるメリットは以下の点です。

<GA4で得られる3つのメリット>
■顧客ロイヤリティ(商品・サービスへの信頼、愛着)を高めるための分析がしやすくなる
■成果予測が可能になる
※事前に一定量のデータ収集が必要
■データ(ローデータ出力)を利活用することが可能になる 
※Google Big queryや他のSQL・BIツール等へのデータ連携、AI開発への活用など

移行前の猶予期間として、現在はGAとGA4との並行運用が可能ですが、新たなGA4用の計測タグの導入やシステム上の移行トラブルが起きないよう、GAを使っているシステムやレポートの洗い出し、データの整理も必要です。2023年7月1日にデータ更新は終了してしまうので、スケジュール感をもって作業を進めていきましょう。

移⾏前、移⾏後、貴社の状況に合わせた運⽤⽀援をご⽤意

完全移行まで猶予期間がある為、各企業によって進捗状況はさまざまであると思われますが、移行前後の状況に分けた支援がご利用いただけますので、サポートを必要とする作業があればお問い合わせください。
<運用支援の一例>
【GA4移行を検討中】
 ■GA4移行・導入作業
 ■GA4活用レクチャー会、勉強会の実施
 ■レポーティング、報告書作成支援
 ■成果目標設計ご支援:KPI・カスタマージャーニー・成果予測用データセット等
 ■成果改善PDCAサイクル運用のご支援:サイト側実装・クリエイティブ作成
 ■データ利活用サポート

【GA4へ移行済み】
 ■UAとGA4の誤差比較調査
 ■移行後のレポート方針立案サポート
 ■カスタムレポート、カスタム指標の再設計サポート
 ■報告書作成支援

MMは包括的なサポートで成果に繋げる安定運⽤へ導きます

MMでは、GAの設定や運用のスペシャリストによってGA4の初期導入~運用までをサポートすることが可能です。移行は完了したけれど、GA4の活用ができるかどうか不安な場合など、移行後からのご利用もぜひご相談ください。

また、GA4移行に未着手の製薬企業さまは、移行時に想定外の影響がシステム周辺などで起こることも考えられます。それらへの対応も含め早めに移行し、検証期間を設定することをおすすめしています。その他、移行について何か気になることがあればお気軽にお問い合わせください。