新カンパニー社長からみなさまへ

お知らせ

2022.04.26

平素は格別のご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。 この4月より新たに私、谷 隆介がカンパニー社長に就任いたしました。この場を持ちまして改めて、みなさまに謹んでご挨拶を申し上げます。

現在、私たちの医療環境を取り巻く状況は少子高齢化社会が進み、増大し続ける医療費の問題を抱えたままとなっています。さらに、食生活の欧米化に伴い疾病構造も変化を遂げ、今では医科診療費の3分の1以上が生活習慣病関連へと変わりました。戦後の疾病は感染症が中心だったため、症状が出てから治療するというサイクルによって人々の健康が保たれていました。しかし、年々増え続ける医療費の負担を減らすためには、病気にならないように対策をしていく「予防医療」に力を入れ、日本の医療が抱える課題に対して直接アプローチをすることが求められています。人々が健康である事が医療・製薬業界をより良くすることにも繋がるため、私たちはデジタルの力を持って、そのご支援を展開していきます。

そしていま、製薬企業は新薬開発のみで収益を上げるという既存のビジネスモデルからの脱却を計るタイミングを迎えています。その中でコロナウイルスの流行が始まり、この数年で製薬業界のマーケティングにも大きな変革が起きました。その一つが、医療従事者の情報取得の方法であり、ようやくデジタルがスタンダードになったということです。近年では経済産業省がDXを推進しているという潮流もあり、さまざまな業界でデジタルを活用したサービスが登場しました。製薬業界ではMRの医療機関への直接訪問が制限され続けており、距離や時間に関係なくアクセスできるデジタルの利活用は欠かせません。今ではウェビナーやメールマーケティングは、忙しいMRをサポートするものとして既にクライアントのみなさまにも多く取り入れていただけるようになっています。このデジタル化の波の中、製薬業界をより良いものに変革するため、私たちは製薬会社のクライアントのみなさまへ、ドクターとMRの間に良質なコミュニケーションを提案し続けられるベストパートナーとなる必要性を強く感じています。

そのうえで、私たちの新たなカンパニーミッションとして【製薬企業のビジネス変革に貢献することで、日本の医療費問題を解決し、人々が健康で心豊かに暮らす社会を創る】ことを掲げました。製薬業界の本質的な課題を認識し、デジタルマーケティングの力でカスタマーサクセスの追求を行うことが私たちの使命であり、ひいては医療の問題を解決に導くものだと考えています。これからの製薬業界の変革を通じて日本社会をより良くしていくことを目指し、カンパニーミッションへと向かい、歩んでまいります。

今後とも、製薬企業のみなさまのご期待に沿えるよう誠心誠意、業務に邁進する所存でございますので、ご指導ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社メンバーズ

メンバーズメディカルマーケティングカンパニー カンパニー社長 谷 隆介