新年のご挨拶

会社

2020.01.06

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。

メンバーズメディカルマーケティングは、昨年4月からスタートし、製薬会社・医療従事者・患者間のデジタルコミュニケーションを最も創出する企業にすることを目指し、第一歩を踏み出しました。

私たち自身初めての試みも多く、お客さまにいただいた助言やチームメンバーで力を合わせながらここまで来ることができましたが、おかげさまでもうすぐ一周年を迎えようとしています。

また、これまでも幾度となく触れてきたように、日本の医療は多くの課題を抱えたままの状態が続いています。

さらに、昨年は医療業界に変化や仕組みの見直しがありました。

中でもインパクトの大きかったものは、2019年3月に国会へ提出されて審議中となっていた薬機法(※)の改正案、「改正薬機法」が11月に成立したことです。

改正薬機法は、医薬品、医療機器等をより安全・迅速・効率的に提供するための開発から市販後までの制度を改善することを目的に提出されたものです。

今回は、先駆け審査指定制度、条件付き早期承認制度が法制化されました。

ほかにも、虚偽・誇大広告で医薬品を販売した企業に課徴金を科す制度も設立されており、医療業界のマーケティングに携わる私たちにも関わる問題です。

そして、昨今さまざまなメディアなどでも取り上げられているように、医療業界のトレンドは「治療」ではなく、「予防医療」へとシフトし始めています。

日本は国民皆保険制度を取り入れており、誰もがいつでも・どこでも医療を受けられるという恵まれた環境を与えられています。しかし、現在も少子高齢化は進み続け、社会保障費や医療費の確保が年々難しくなりつつあるという現実に直面しています。

これからの未来、十分な医療サービスを受けることができなくなってしまうかもしれない…。そんな不安を解消するためにも、24時間、誰でも自由に使えるインターネットの利点を活用し、病気の予防や薬の正しい服用方法など、予防医療に働きかけるWEBサイト作りを目指していくこともメンバーズメディカルマーケティングの使命だと考えています。

患者さんの悩みや疑問に答えるWEBサイトを作り出していくことは、進みゆく少子高齢化時代へ向かう社会を助け、日本の社会問題へ貢献できるアクションではないかと考えています。

そして、私たちを含めた国民の一人ひとりが自身の健康状態に気を配り、病気を未然に防ぐことに努め、ヘルスリテラシーを向上させることが重要になってくるのではないでしょうか。

私たちは、医療業界のマーケティングのあり方を変えることをミッションに掲げているプロフェッショナルの集団です。今後も引き続き、医療のトレンドや医療従事者の「今」を見つめながら、より一層精進していく所存です。

本年もメンバーズメディカルマーケティングをよろしくお願い申し上げます。

株式会社メンバーズメディカルマーケティング
取締役 長野 清哉

(※)医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
参考:
薬事日報:「改正薬機法が成立‐先駆け、条件付承認を制度化」
ミクスOnline:「参院本会議 改正薬機法を賛成多数で可決成立 」
けんぽれん:「第1回 実は恵まれている!日本の国民皆保険制度|」
サライ「なぜ予防医療が注目?日本の医療制度が抱える3つの深刻な問題【予防医療の最前線】

PAGETOP